忙しい人をヘルシーな人へ! 生活と人生を変える、誰でもできる「賢い時短術6」

06 November 2018

忙しい人をヘルシーな人へ! 生活と人生を変える、誰でもできる「賢い時短術6」

毎日が忙しくて、自分の時間をゆっくり取れない人は多いのでは? 慌ただしい朝は、すぐに食べられるものか朝食抜きが定番。出かける前には「あれが見つからない!」と探し物をすることが多々。仕事はアレコレ手をつけるけど、終わらないタスクにうんざり。遅い時間に帰宅した後は食事の支度に時間がかかり、ベッドに入ってもなんとなくSNSを見続けて、今日も深夜に寝るハメに……。けれど、どれもちょっとした工夫で、ヘルシーな生活にシフトすることが可能。ストレスフリーで自分の時間をもっと増やすための知恵を、オーストラリア版ダウンロードからピックアップ!


1. 忙しくても体を動かせる! オンラインでワークアウト

GettyImages-875355118

忙しくてジムに行けない日には、部屋で簡単にできてしまうオンラインエクササイズがおすすめ! インターネットやYouTubeで、「15 minutes HIIT workout(高強度インターバルトレーニング 15分)」と検索してみて! 最小限の時間で最大のカロリー量の消費も夢じゃないかも。


2. 海外ではヘルシーな人たちが始めている。「ミールプレップ」で十分な朝食を

GettyImages-960527030 (1)

忙しい女性は特に、時間がなくて朝食を簡単に済ませる人が多いのでは? そこれでおすすめなのが、海外ではメジャーなミールプレップ(Meal Prep)。これは、栄養バランスを考えた料理を作り置きしておくことを指す言葉。冷蔵庫にヘルシーな食品を必ずキープしておこう。時間に余裕がない日のために、タンパク質や食物繊維を取り入れた作り置きの朝食も用意しておこう! 時間短縮につながり、栄養管理もできる。朝のエネルギー補給もバッチリ!!


3. 時間泥棒の筆頭!? 生活もヘルシーにするなら、アプリで脱「スマホ依存」!

GettyImages-672154263

オーストラリア人を対象に行われた研究によると、平均で1日9時間以上もスマートフォンと向き合っているという。もしあなたもスマホ依存気味であれば、脱スマホ対策アプリを試してみて。スマホの利用時間を制限してくれるんだそう!


4. マルチタスクは非効率だった!? 「ユニタスク」で能率をぐんとアップ!

GettyImages-900250050

同時に複数のタスクをこなしていると、生産性や効率性が良いと思いがちになるけれど、マルチタスクというのは実は非効率的だということが最近の研究で分かっているそう。マルチタスクの代わりに「ユニタスク」を取り入れてみよう。ユニタスクというのは、一つのことだけに集中して決められた時間内に終わらせること。ユニタスクができるようになれば、集中力が一層増し、結果的にかなりの時間短縮になるといわれている。


5. 時短&ヘルシーな食生活を送るには? 料理は「まとめて週に2回」! 

GettyImages-163251557

週に2回、料理をする日を決める。ローストチキンやローストベジ、キヌア、スープ、ラザニアなど、数種類を一気に作ってしまおう。これで3〜4日間のランチやディナーを作る時間が省ける。仕事から帰ってきたら、冷蔵庫にはいつも温めるだけのヘルシーなメニューが常備されている。かなりの時間短縮ができそう!


6. 最強の時短術。余計な選択肢や探し物がない、「持たないシンプル生活」

GettyImages-184640309 (1)

整理整頓こそ、最も効果的な時間短縮術の一つ。最近着ていない洋服は思い切って捨てよう。キッチンの小道具やバスルームのアイテム、ハンドバッグの中身も最小限に。迷うことがないように身の回りを全てシンプルにして、必要なものだけで暮らしてみて。

 

※この記事は、オーストラリア版ダウンロードから翻訳されました。

Photo: Getty Images Text: Tara Ali Translation: Yukie Kawabata