妊娠すると髪が早く伸びて、出産すると抜けやすくなるのはなぜ?

20 October 2018

妊娠すると髪が早く伸びて、出産すると抜けやすくなるのはなぜ?

妊娠中は髪の伸びが早くて、出産をした途端抜け毛が増える……そう感じたことのあるママがいたとしたら、それは気のせいではなさそう。アメリカ版ダウンロードは、その気になる原因をイェール大学のジェーン・ミンキン医学博士に聞いてみた。ほとんどの場合は深刻ではないそうだけれど、正常でないときと区別できるようにしておこう。

pregnancy-pregnant

まず、妊娠中に髪が早く伸びる理由とは?

「可能性として高いのは、妊娠中にエストロゲンというホルモンが大量に分泌されているから」とジェーン博士。その背景にあるのは、子宮内に形成される母と胎児をつなぐ器官「胎盤」。「子宮の内壁にできる胎盤は、へその緒を通して赤ちゃんに栄養を送り込む一方で、妊娠を進行させ、エストロゲンやプロゲステロンを作り出す “女性ホルモン工場” のような働きをします」

エストロゲンが髪の成長にどう関与しているのかは、医学的にも正確には分かっていないそう。でも、この女性ホルモンが、毛の根っこを包み込む「毛包(もうほう)」を刺激しているのは確かだとか。「妊娠においてエストロゲンは非常に大きな役割を果たしているのです。例えば母乳を作るよう体に指示を出すのも、赤ちゃんが生まれてから母乳が出るように準備してくれるのもエストロゲンです」

pregnancy-hairloss

では、髪が抜け落ちてしまう理由は?

ジェーン博士によると、出産すると大量のエストロゲンをためていた胎盤が、赤ちゃんに続いて体外に追い出されてしまうせいで髪が抜けやすくなると推測している。となると、エストロゲンを補充してくれる「卵胞ホルモン(エストロゲン)製剤」などを摂取することで、髪は増えるの? ジェーン博士の話によると、「効果があると言う人もいれば、ないと言う人もいる」 そうで、確実に増えるとは言いがたいみたい。

また、いくら出産が自然なプロセスであるとはいえ、中にはあまりの痛みにトラウマを抱えてしまう人も。こういった精神的なショックも、実は抜け毛につながる原因の一つだとか。「手術や麻酔などが抜け毛につながることもたまにあるけれど、出産のストレス自体が抜け毛の原因になることも考えられます。と言うのも、精神的に大変な出来事を体験すると髪が抜け落ちるという研究結果が過去にも出ています」

普段見慣れない量の髪が抜け落ちてしまうとやや不安になるけれど、あまり心配する必要はない、とジェーン博士。 「抜け落ちる量に個人差は生じますが、出産後の抜け毛は至って普通です」。妊娠していた時に比べて「抜け毛が多いな」と感じるのなら、取りあえずは体のバランスが整うまで待ってみることをジェーン博士はお勧めしている。でも髪が束で抜け、極端に薄くなっているのであれば産婦人科に診てもらおう。

「全体の約3~5%ほどではありますが、まれに普通とは言えない量の髪が抜け落ちてしまう女性もいます。その場合は、体全体の新陳代謝を促すホルモンを分泌する『甲状腺』が機能していない可能性があるので、その場合は甲状腺ホルモン検査を受けるのが一般的です」

 

※この記事は、アメリカ版ダウンロードから翻訳されました。

Text: Zahra Barnes Translation: Ai Igamoto Photos: Getty Images