食欲と血糖値のコントロールも朝食次第! 「ベストな朝食」のタイミングとは?

朝の習慣は、1日の活力。「朝食が1日の中で最も大切な食事」であることはよく聞くけれど、その朝食を “いつ” とる....

image

朝の習慣は、1日の活力。「朝食が1日の中で最も大切な食事」であることはよく聞くけれど、その朝食を “いつ” とるべきなの? ヘルシーなライフスタイルに欠かせない朝食について、アメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

朝食をとるタイミングは本当に重要なの?

「食事のタイミングは、食事の中身と同じくらい大事」と話す公認管理栄養士のテレサ・シャンクは、起きてから2時間以内に朝食をとるよう勧める。

「そうすれば食欲と血糖値が1日中安定するから」。逆に血糖値が不安定だと、空腹でイライラしたり、食べすぎてしまう。
朝食は代謝も活発にするので、「朝起きてすぐの体は、大急ぎで断食状態から脱する必要がある」とシャンク。

つまり、それが朝6時でも昼間でも、起きたら2時間以内に朝食をとりましょう、ということ。

この2時間ルールは、ほとんどの人に適用される。でも、糖尿病などの疾患を抱える人にとっては血糖値の安定が特に重要なので、起床から朝食までの時間を短くした方がいいみたい。公認管理栄養士のマヤ・フェラーは、起きてから1時間以内に、食べることを進めている。

朝からジムに行く人は?

運動前に食べるべきかどうかは、運動後に食べたときの体の反応次第。「朝から運動するのなら、パフォーマンスが高いのは、食べる前と食べた後のどちらなのかを見極めないと」とフェラーは続ける。

例えば、トーストを1枚食べただけでワークアウト中におなかが痛くなるなら、ワークアウトを終えてから食べた方がいい。空腹でウエイトをあげるとクラクラして集中できないようなら、ワークアウト前に食べるべき。(1/2本のバナナから単炭水化物を摂取すると、満腹に感じることなくエネルギーが持続する)

悩む前に、試してみて。シャンクによると、一般的にはワークアウトの前後1~2時間以内に食べるのがいいそう。

朝に食べるのが嫌いな人は?

朝食をスキップすると、2型糖尿病のリスクが高まるみたい。朝食に限らず食事を抜くのは、頭がボーッとしたり、血糖値と代謝率が下がったりするのでおすすめできない。

卵にベーコン、パンケーキにコーヒーという本格的な朝食でなくても、少しでも食べることが大切。シャンクによれば、朝起きたら水を飲み、持ち運びやすい物(ギリシャヨーグルトのカップ、ゆで卵、カットフルーツなど)をバッグに入れるだけでいい。少しでも食べるだけで、体が朝から食べることに慣れ、朝食を毎日の習慣にしやすくなるそう。

 
※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。



Text: Jessica Migala Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images

ADの後に記事が続きます