【お疲れバスター】首のお疲れケア④ 音がしたら要注意。首&肩凝りを同時にケアしてリフレッシュ

04 November 2018

【お疲れバスター】首のお疲れケア④ 音がしたら要注意。首&肩凝りを同時にケアしてリフレッシュ

ダウンロードがお届けする、Googleアシスタント対応スマートスピーカー向けの音声コンテンツ「お疲れバスター」。寝る前の5分で心や身体のお疲れをケアできるこのプログラムの内容を、身体のプロたちが動画と共にご紹介。そして、その背景にある疲れやフィジカルトラブルについても解説。全館、先進のファシリティがそろうFLUX CONDITIONINGSが首の凝りと肩の凝りを同時にケアできるストレッチをアドバイス。あなたの生活習慣が知らない間に首凝り、肩凝りを引き起こしているかも?

肩凝りを自覚している人は多くても、首凝りを自覚している人は少ないのでは。ひとくくりに肩凝りと言っても原因はさまざま。実は首凝りが原因で引き起こされる肩凝りもあるって知ってた? 知らない間に首凝りと肩凝りの両方を抱えている人も……。

座ったときに顎が前に出たような姿勢になってしまう人や、ふとしたときに頭を動かすと首から音がする人、首に何となく違和感がある人などは、首が凝っている可能性あり。

「首が凝っていると血流が悪くなり、頭がボーっとしてしまったり、日中に眠くなってしまうこともあります。特に長時間のパソコンやスマートフォン使用で同じ姿勢のまま過ごすことが多い現代女性は、首凝りと肩凝りどちらか一つだけでなく、一緒にケアしてあげることが大切ですね」と語るのは、FLUX CONDITIONINGSのコンディショニングトレーナーの迫田 涼さん。

今回のストレッチは首凝りだけではなく、肩凝りも同時にケアできるもの。首と肩甲骨周りを動かしたり、伸ばすことを意識しながら取り組んでみて。


【首のケアのやり方】

 

まず、右手を左肩に置きます。
一度大きく息を吸って、吐きながら目線を右斜め上を見るように動かしていきます。
目線は遠くを見るようにして、左の首筋を伸ばしましょう。
その場で自然な呼吸を繰り返します。

1・2・3・4・5
ゆっくり元に戻します。

次に、反対側を行います。
左手を右肩に置きます。
一度大きく息を吸って、吐きながら目線を左斜め上を見るように動かしていきます。
目線は遠くを見るようにして、今度は右の首筋を伸ばします。
その場で自然な呼吸を繰り返しましょう。

1・2・3・4・5
ゆっくり元に戻します。

もう一度左右同じ動きを繰り返します。
呼吸と合わせて行っていくことで、より効果的です。

 

この動きでは、呼吸と合わせて意識的に目線を上げて遠くを見ると、さらにリラックス。「ちょっと忙しくて疲れちゃったな……」と思う日は、凝りのケア&のんびりできるこのストレッチで、体と心の疲れを癒やしてあげて。

 

 

■お話を伺ったのは……
迫田 涼(さこだ・りょう)さん

P1066083_R_medium

FLUX CONDITIONINGSコンディショニングトレーナー、スポーツデジタルコンテンツ事業部 クリエイティブディレクター。広島リゾートアンドスポーツ専門学校卒業後、都内のジム勤務を経て現職へ。FLUX CONDITIONINGSのSNSなどでの情報発信を統括している。1日1本、エクササイズを配信している動画はプロならではの内容が満載で、必見。NASM-PES JATI-ATI 健康運動実践指導者。

FLUX CONDITIONINGS
選び抜かれた最新のファシリティと一線級の指導が受けられると、注目を集め続ける次世代のコンディショニングジム。「運動」「栄養」「ケア」「マインド」を通して、ライフスタイルに自然にフィットする運動習慣の確立を目指し、トータルなヘルスケアを提供。オリンピアンである北島康介氏が主宰する「KITAJIMAQUATICS」、コンディショニングルーム、トップクラスのトレーナーと設備が揃うトレーニングルーム、極真空手道場やキッズスクールを備える。さらに、医療クリニックと連携する水素トリートメントなど、ハイレベルなケアを実現。

住所/東京都渋谷区猿楽町3-7 代官山木下ビル
tel.03-3780-5553
https://www.flux-conditionings.com/

Facebook
https://www..com/fluxconditionings

Twitter
https://.com/fluxconditionix


https://www..com/flux.conditionings


★Google Homeでトライ! 「お疲れバスター」の使い方は?

 

Google HomeをはじめとしたGoogleアシスタント対応スマートスピーカーに対して「OK Google、 お疲れバスターと話したい」と呼びかければ起動。お疲れバスターが投げかける体調に関する質問に答えていきます。

イライラ、モヤモヤ、クッタリ、どんより、トゲトゲといった心の疲れから、頭、肩、目、首、腰など体の10のパーツの疲れまで、そのときの状態に合わせて最適なメソッドを音声でナビゲート。Google Homeをお持ちでない方は、スマホの「Google アシスタント」アプリでもご利用になれます。

Movie:Fearless Film