【お疲れバスター】腰のお疲れのケア法④ 気持ちいい! 球体のイメージでストレッチすれば腰が軽々!

10 November 2018

【お疲れバスター】腰のお疲れのケア法④ 気持ちいい! 球体のイメージでストレッチすれば腰が軽々!

ダウンロードがお届けする、Googleアシスタント対応スマートスピーカー向けの音声コンテンツ「お疲れバスター」。寝る前の5分で心や体のお疲れをケアできるこのプログラムの内容を、体のプロたちが動画と共にご紹介。そして、その背景にある疲れやフィジカルトラブルについても解説。充実した施設で知られるFLUX CONDITIONINGSが、腰の疲れとケアについて詳しく説明! 私たちが普段している動作は、常に腰に負担を掛けるものだった!? その理由とは?

私たち現代人が毎日している動作は、腕を前に出して動作することがほとんど。デスクワークや炊事、洗濯に物を持つ、ガジェットを操作する……。実は、こうした動作は適切でなければ、肩や肩甲骨、首などに負担を掛けるだけではなく、意外な部位にまで負荷を掛けている。そう、それが背中や腰。

これには、ある筋肉群が関係している。それが脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)。首から骨盤まで、背骨に沿ったようにつながっている長い筋肉だ。背骨の両脇に膨らんで見える筋肉、あれが脊柱起立筋。日常やフィット時のほとんどの動作に関わる、大切な筋肉の一つだ。

脊柱起立筋は姿勢を維持したり、上半身を伸ばす、側屈させるなどの動きをするときに働く筋肉。上半身の安定にも関係している。

しかし私たちは運動不足などで、そもそもこの脊柱起立筋をはじめとする、姿勢の維持や体幹を安定させる筋力が不足している人も。すると正しい姿勢がとれず、日常では体を前に丸める動作が多いので、背中や腰も丸まって負担が掛かってしまう、というわけ。

この負担が掛かりがちな腰を、背中を含めて伸び伸びとさせるのが今回のケア法。
球体のイメージでしなやかに丸めることで、固まった部位が心地よく伸びていく。


【腰のケアのやり方】

 

まずは、あおむけで寝てください。
膝を曲げて背中を丸めるようにして、両脚を両手で抱えます。
息を吐きながら、背中から腰にかけて伸ばしていきましょう。
その場で自然な呼吸を繰り返します。

1・2・3・4・5。
ゆっくり元に戻します。

あと2回繰り返していきましょう。
両膝を曲げて背中を丸め、球体のイメージで息を吐きながら、背中から腰にかけて伸びていきます。

1・2・3・4・5。
ゆっくりと元に戻します。

最後にもう一度繰り返していきましょう。
体を丸めるようにして、呼吸は自然に1・2・3・4・5。

ゆっくりと元に戻しましょう。
呼吸と合わせて行っていくことで、より効果的です。

誰でもできる、簡単メソッドなのがうれしい! 寝ている間に硬くなってしまったり、一日動いてお疲れがたまってしまった夜にトライして、腰をリリースしてあげて。

 

 

■お話を伺ったのは……
迫田 涼(さこだ・りょう)さん

P1066083_R_medium

FLUX CONDITIONINGSコンディショニングトレーナー、スポーツデジタルコンテンツ事業部 クリエイティブディレクター。広島リゾートアンドスポーツ専門学校卒業後、都内のジム勤務を経て現職へ。FLUX CONDITIONINGSのSNSなどでの情報発信を統括している。1日1本、エクササイズを配信している動画はプロならではの内容が満載で、必見。NASM-PES JATI-ATI 健康運動実践指導者。

FLUX CONDITIONINGS
選び抜かれた最新のファシリティと一線級の指導が受けられると、注目を集め続ける次世代のコンディショニングジム。「運動」「栄養」「ケア」「マインド」を通して、ライフスタイルに自然にフィットする運動習慣の確立を目指し、トータルなヘルスケアを提供。オリンピアンである北島康介氏が主宰する「KITAJIMAQUATICS」、コンディショニングルーム、トップクラスのトレーナーと設備が揃うトレーニングルーム、極真空手道場やキッズスクールを備える。さらに、医療クリニックと連携する水素トリートメントなど、ハイレベルなケアを実現。

住所/東京都渋谷区猿楽町3-7 代官山木下ビル
tel.03-3780-5553
https://www.flux-conditionings.com/

Facebook
https://www..com/fluxconditionings

Twitter
https://.com/fluxconditionix


https://www..com/flux.conditionings


★Google Homeでトライ! 「お疲れバスター」の使い方は?

 

Google HomeをはじめとしたGoogleアシスタント対応スマートスピーカーに対して「OK Google、 お疲れバスターと話したい」と呼びかければ起動。お疲れバスターが投げかける体調に関する質問に答えていきます。

イライラ、モヤモヤ、クッタリ、どんより、トゲトゲといった心の疲れから、頭、肩、目、首、腰など体の10のパーツの疲れまで、そのときの状態に合わせて最適なメソッドを音声でナビゲート。Google Homeをお持ちでない方は、スマホの「Google アシスタント」アプリでもご利用になれます。

Movie:Fearless Film