「私が浮気したのは周知の事実」浮気スキャンダルに屈しなかったセレブたち【後編】

15 July 2018

「私が浮気したのは周知の事実」浮気スキャンダルに屈しなかったセレブたち【後編】

セレブたちの華やかな生活に必ずと言っても良いほど付きまとうスキャンダル。中でも恋愛関係のスキャンダルは、セレブならではと言った出来事や名言も多い。「トラブルは起きるものだろう? 若いんだから……普通だよ。それにぶっちゃけ、誰も気にしないでしょ」(ロバート・パティンソン)、「彼氏に浮気されることの一番のメリットは、また別の初デートに行けること!」(ブリトニー・スピアーズ)など、名言(迷言?)の数々は、理解しづらいけれど突き抜けていてスカッとする部分も。

前編に引き続き、浮気スキャンダルをものともせず、たくましく乗り越えたセレブたちをまとめてご紹介。辛い経験を乗り越えた彼女たちのアドバイス、トラブルが起きたときの参考にしてみて。


1.トリ・スペリング

1.トリ・スペリング

Peopleによれば、女優のトリ・スペリングと夫のディーン・マクダーモットが2005年に出会った時、2人はそれぞれ別の人と結婚していた。2006年5月、トリが前の夫と離婚して間もなく2人は入籍し、リアリティ番組『Tori & Dean: Inn Love』を開始。2人がB&B (朝食付きの宿泊施設) のオーナーとして走り回る様子を収めたもので、後にタイトルが『Tori & Dean: Home Sweet Hollywood』に変わった。

 

この番組は、ディーンの浮気説が浮上したのと同じ年に打ち切られた。彼はリハビリ施設に入り、彼女は続編のリアリティ番組『True Tori』のエピソードを精査。Peopleが報じるところによると、それまでにトリは、Lenny Letterとのインタビューの中でディーンの浮気後の結婚生活について語っていたのだけれど 「1冊の雑誌の表紙に私のすべてを剥ぎ取られた」 経験から、そのインタビュー記事の取り下げを依頼したという。

 

不倫と不仲説をよそに、トリとディーンは今でも一緒。Peopleによると、今日までに彼は彼女に3回プロポーズし、2人の間には5人の子供がいる。


2.ディタ・フォン・ティース

2.ディタ・フォン・ティース

ゴスロッカーのマリリン・マンソンとの結婚は、永遠に続くと心から信じている。かつてハーパーズ バザーにそう語ったバーレスクダンサーのディタ・フォン・ティースだが、結婚から1年ちょっとで彼の元を去っている。

 

2006年のクリスマスイブ、彼女が一体何を理由にマリリンと生活を共にした家を出たのかは特に明かされていないけれど、「ときどき事態が一晩で急変し、自分を尊重して "私はこれを受け入れない、こんなのおかしい" と言うかどうかを決めなければならない。このような経験をする女性は、私が最初でも最後でもない。それをひらすら自分に思い出させている」 とディタが語ったのは事実。

 

噂の出所は、マリリンが当時19歳のエヴァン・レイチェル・ウッド (Rolling Stoneいわく離婚の過程で悪者扱いされた) と浮気したとしているが、それに続くTelegraphとのインタビューの中でディタは、原因はドラッグとアルコールにもあると説明した。Peopleによると、「私は彼にカウンセリングを勧めようとしていた。でも最後には、彼が助けを求めていないことに気付いた」 と語ったという。

 

「彼のパーティー癖や他の女の子たちとの関係には賛成じゃなかった。彼のことは愛していたけど、あれには巻き込まれたくなかった」。Independentによれば、離婚後のディタは自分はするべきことをしたと考えているようで、2人は今でも友達。


3.クリスティ・ブリンクリー

3.クリスティ・ブリンクリー

2006年、スーパーモデルのクリスティ・ブリンクリーは、当時の夫ピーター・クックが彼の10代のアシスタントと体の関係を持ったことを知ってしまう。Peopleいわく、米ハンプトンズ高校の卒業式で訓示を述べた直後の彼女に、その若い女性の父親が事実を突き付けたのだ。

 

クリスティとピーターは2週間後に別居し、精神的に骨の折れる離婚訴訟に突入する。Associated Pressによると、法廷での親権争いの中でピーターが当該アシスタントに30万ドル (約3,300万円) の口止め料を支払っていたことが発覚。この女性にとってはパートナーを裏切り続け、一般的に極悪人とされるピーターがいない方が好都合、とだけ言っておけば十分だろう。一方のクリスティ・ブリンクリーは、今でも自分を見失っていない。


4.キム・カーダシアン

4.キム・カーダシアン

昨年11月、キム・カーダシアンは彼女の大ファンであるジェニファー・ローレンスに、元カレの一人(名前は明かされていない)が彼女の誕生日に浮気した時の秘話を打ち明けた。

 

「自分が電話したのに、他の人が電話したように見せかけるサービスを見つけた」 キムは、「誰かの留守電サービスにアクセスしたければ、自分の番号をその人の番号に見せかけて留守電サービスにかければいい。留守電サービスを騙して、留守電内容が直接聞ける」 ことを知ったという。

 

Insiderによると、キムはアメリカの深夜番組『Jimmy Kimmel Live!』の中で、「私の誕生日に彼の留守電サービスにアクセスした」 とジェニファーに告白。「彼の所在を確かめようと、親友が全員集まったディナーの席で携帯をスピーカーモードにして留守電を聞いた。そしたら、私には他の場所にいると嘘をついて、私の誕生日に飛行機で別の女性に会いに行っていたのよ」

 

SNSの大御所として生きる今のキムには笑い話。


5.ハル・ベリー

5.ハル・ベリー

Peopleが伝えるところによると、アカデミー賞受賞女優のハル・ベリーは、ミュージシャンの夫エリック・ベネットとの別れを2003年に発表し、2005年初頭に離婚を成立させた。その理由?

 

「私が浮気したのは周知の事実」。2005年、ベネットは同誌に対し、「バレバレだった。これは裏切り」 と語った。

 

Daily Beastによれば、ハルは3度の離婚を経験しているせいで、心をむしばむ口うるさい女との悪評が高い (結婚回数の多い男性にはまず出ない噂だ)。その陰口をよそに、彼女は映画界で実力相応の華々しいキャリアを積み、Rackedいわく、エキスパートにも好評のウェルネスブランドを近々立ち上げる予定。一方のベネットはJay-Zの曲の歌詞になっている。


6.サンドラ・ブロック

6.サンドラ・ブロック

US Weeklyによると、映画『しあわせの隠れ所』でオスカーを獲得すると、サンドラ・ブロックには約5年間生活を共にした夫ジェス・ジェイムズの相次ぐ不倫疑惑に対処する時間ができた。ジェスは遺産を相続したどこそこの女性と再婚し、Daily Mailに対して自分の浮気 (正直に認めている) は "人生の一部" であり、一連の不倫の結果 "良いことがたくさん起きた" と語った。

 

少なくともサンドラは、2年前から付き合っているブライアン・ランダルと幸せな様子。ある情報筋がE! Newsに語ったところによると2人は同棲しており、ブライアンはサンドラの2人の子供にとって父親のような存在だという。「2人は深く愛し合っている。外出先でもお互いのそばを離れない」 らしい。


7.キャシー・リー・ギフォード

7.キャシー・リー・ギフォード

アメリカの朝番組『The Today Show』の司会者で、セクハラ疑惑で解雇された同番組の前司会者マット・ラウアー擁護の立場をとるキャシー・リー・ギフォード。Los Angeles Timesによると、2007年、今は亡き夫であるフランク・ギフォードがフライトアテンダントと数日間の情事にふけったというニュースを聞いて、不名誉ながらに夫の火遊びを許した。キャシーは2000年のPeopleとのインタビューの中で、フランクの嘘は不倫の他にもあったので、「結婚生活が元に戻ることは (恐らく) ない」 と語ったものの、この2人は事態の改善に全力を注いだ (New York Postより)

 

Peopleに対してキャシーは、「(そもそも) 去ろうとしたのは私ではない。彼も去るのを拒んだ。"君と家族を愛している。僕はどこにも行かない。これを一緒に乗り越えよう" と言われた」 と打ち明けたそう。


8.メアリー=ルイーズ・パーカー

8.メアリー=ルイーズ・パーカー

US Weeklyによると、8年間の結婚生活の末に俳優のビリー・クラダップは、彼より23歳ほど若く、映画『ステージ・ビューティー』で共演したクレア・デインズと付き合うために、テレビドラマ『Weeds~ママの秘密』の主演女優で妊娠7ヶ月のメアリー=ルイーズ・パーカーを置き去りにした。

 

この2003年の離婚に関してメアリー=ルイーズは基本的に沈黙を保っていたけれど、クレアは口を割らされている。2015年、米ラジオ番組『Howard Stern's SiriusXM Show』の中でクレアは、「ただ彼に恋をしていた。どうしてもそれを突き詰めたかった。24歳の私には、その結果どんなことになるかが良く分かっていなかった」 と語ったことを同誌が伝えている。4年間の結婚生活の末にクレアはビリーと別れ、現夫であるヒュー・ダンシーの元へ。自分の行いは、やはり自分に返ってくるのだ。

 

それはさておき、メアリー=ルイーズは最後に一つやってのけた。2015年、匿名の人物に対する想いをつづった34枚の手紙を『Dear Mr. You』と題した1冊の本にして出版。病院に向かうタクシーの中で運転手に怒りをぶつけるという、『The Today Show』出演時に自ら 「どん底の瞬間」 と表現した出来事 (US Weekly談) を回想する手紙があるのだが、ビリーの名前は一度も出されていない。浮気したアンタの話になんかしてあげない、という正直な気持ちの表れ。これには同感。


9.マリア・シュライバー

9.マリア・シュライバー

カリフォルニア州の元ファーストレディは、夫のアーノルド・シュワルツェネッガーが家政婦のミルドレッド・バエナとの間に隠し子を持っていたことを知り、2011年に結婚生活を終わらせた。US Weeklyは、この元俳優の前州知事は、自分の犯した 「大きな大きな失敗」 に対して 「心から申し訳ないと思っている」 との声明を発表したと報じている。

 

Peopleによると、現在米NBCニュースの特別アンカー兼特派員を務めるマリアは 「独身で人付き合いの準備万端」。彼女は出版経験のある作家でもあり、今年2月には著書『I’ve Been Thinking: Reflections, Prayers, and Meditations for a Meaningful Life』が書店に並んだ。


10.リース・ウィザースプーン

10.リース・ウィザースプーン

過去を振り返り、リース・ウィザースプーンは前夫で映画『クルーエル・インテンションズ』共演者のライアン・フィリップと離婚したのは、結婚するのが早過ぎたからだとW Magazineに語った。彼女は当時23歳だった。

 

Peopleによると、2007年に2人の離婚が成立したとき、マスコミは、ライアンが映画『ストップ・ロス/戦火の逃亡者』の撮影中に出会い、リースと結婚している状態で付き合い始めたとされるオーストラリア人女優のアビー・コーニッシュを責めた (問題の既婚男性を責める代わりに)。

 

いずれにせよ、アビーとライアンは4年後の2010年に破局。Us Magazineいわく、ライアンはこの破局を双方の意思とし、アビーの広報担当は彼女のアイデアだったと主張している。

 

一方、離婚を取り巻く問題でオスカー受賞後に数ヶ月休業していたリースは、テレビドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』と映画『わたしに会うまでの1600キロ』での演技が高く評価され、ハリウッドに大々的に復帰。セクハラ撲滅運動Time’s Upの推進者としても活躍中で、余談ながら、タレントエージェントのジム・トスと幸せな再婚生活を送っている。


11.ユマ・サーマン

11.ユマ・サーマン

ユマ・サーマンとイーサン・ホークは1998年に結婚し、2005年に苦い離婚を経験した。マスコミ各社は、イーサンの不倫疑惑 (相手はモデルのジェン・ペルゾー) に原因があるとした。当時Peopleが報じたように、ユマはオプラ・ウィンフリーの番組内でこの 「精神的に極めて辛い」 破局について語り、オプラが裏切られたのかと尋ねると、不倫の噂が真実であることを認めた。

 

「最後にはそんなこともあった。私たちは難しい時期を迎えていた。ほら、何かが突然プチンと切れると、言動が変わったり、不満が爆発したりするじゃない。私たちの結婚生活は失敗に終わったわ」 とコメントしている。


12.ジェニファー・ロペス

12.ジェニファー・ロペス

プロバスケットボール選手のアレックス・ロドリゲス (通称A-Rod)と付き合い始めて間もなく、ジェニファー・ロペスは自分の恋人がフィットネスモデルに性的なテキストメッセージを送っていたことをマスコミの報道で知った。

 

このニュースは、疑惑の女性自身からの情報をもとにNational Enquirerが2017年に報じた。US Weeklyによると、ジェニファーは雇った私立探偵にA-Rodを尾行させ、彼の貞節を逐一報告させた。

 

しかし、あれから1年後の今、2人の絆は強くなっている様子。ニューヨークにコンドミニアムを購入し、同棲を始めるとのこと。


13.ソフィア・ブッシュ

13.ソフィア・ブッシュ

E! Newsが報じるところによると、テレビドラマ『ワン・トゥリー・ヒル』で共演したソフィア・ブッシュとチャド・マイケル・マーレイは2005年に結婚したけれど、チャドが映画『蠟人形の館』の撮影中に出会ったパリス・ヒルトンと浮気したとの噂が立ち、わずか5ヵ月後に離婚。

 

チャドとの関係が終わったことについて、ソフィアは多くを語っていない。2017年、Cosmopolitanに寄稿し、これを “トラウマになるような経験” と表現したに留まる (インスタグラムでチャドをヤリ〇〇と読んで反撃したこともあるけど)。


14.エマ・トンプソン

14.エマ・トンプソン

映画『ラブ・アクチュアリー』におけるエマ・トンプソンの名演技は、苦い失恋経験の賜物。Telegraphに対して彼女は、かつての夫ケネス・ブラナーと女優ヘレナ・ボナム=カーターの不倫が発覚したときの気持ちを活用したと語っている。

 

「寝室で泣き、外では元気なフリをして、心の破片をかき集め、引き出しにしまう練習は死ぬほどしたから」。ヘレナに対しては、まったく悪意を抱いていないという。

 

「すべて過ぎたこと。あの手のことにしがみついてるわけにはいかない。そんなの無意味。そんな気力はないし、ヘレナと私は何年も前に和解した。彼女は素晴らしい女性」


15.ミア・ファロー

15.ミア・ファロー

性犯罪とも言えそうなこのケースを “浮気” と呼ぶのは微妙かも。1992年、長きにわたって性的暴行を疑われてきた映画監督のウディ・アレンが、長年のパートナーである女優ミア・ファローの養女と体の関係を持っていたというニュースが報じられた。

 

アレンは当時19歳のスン=イー・プレヴィンを決して養女にせず、米NPRに対し、この情事が深刻な事態を招くとは夢にも思っていなかったことを告白。自分の恋人の10代の娘と寝ても、特に問題ないから寝ることにした、ということか。2015年のインタビューでは 「ひとときの浮気に過ぎないだろうと思った」 と語り、35歳年下のスン=イーにとって自分は父親代わりだったと付け加えている。

 

彼は元カノの養女と1997年に結婚し、このカップルは今も健在。しかし、スン=イーとの情事が公になったのと同時に、アレンが自身の養女であるディランに性的ないたずらをしていたという記事がVanity Fairに掲載された。ディランの話題は、セクハラと性的暴力に対する社会運動#MeTooで再浮上した。


16.アンジェリカ・ヒューストン

16.アンジェリカ・ヒューストン

1973年、女優のアンジェリカ・ヒューストンは、パーティー会場で主催者のジャック・ニコルソンと出会った。数年間の交際を続けた後、Vanity Fairが一部抜粋した彼女の回顧録にあるように、アンジェリカは 「ジャックをワールドクラスの女たらし」 と評するようになった。

 

「相当遊んでいるように見えたし、そのような報道も多かった割に、実際はかなり口が堅い人だった」 と彼女は語る。「ときどき女物の服を見つけたわ。私のジャケットを着た女の子を街で偶然見かけたり、ハンドクリームや小さなアクセサリーが石鹸入れの後ろに残されているのを見つけたり。返してって言ってくる人が現れるか確かめたくて、そのアクセサリーを実際につけたこともあったけど誰も来なかった」

 

それでもやはり、度重なる彼の不倫に傷付く。そして最終的に、彼は他の女性との間に子供をもうけた。この時点でアンジェリカは彼の元を去ったが、さらなる不倫疑惑が浮上するとジャックの事務所に押しかけ、「彼の頭と肩を猛然と叩いた」 という。

 

※この記事は、アメリカ版ダウンロードから翻訳されました。

Text: Claire Lampen Translation: Ai Igamoto Photo:Getty Images