歩きながらコレをすると体重が早く減る?

30 July 2018

歩きながらコレをすると体重が早く減る?

たいていダイエットには、たくさんの時間と努力が必要。だから、目標に早くたどり着くためのトリックなんて話になると、みんな一心に耳を傾ける。

今回ご紹介するのは、昔も今も変わらないチューインガムを使ったトリック。

 

決して栄養価の高い習慣とは言えないのは分かっているけど、早稲田大学の研究チームは、チューインガムの咀嚼がカロリーを燃やす秘訣かもしれないという。

 

理学療法科学の専門誌に初めて掲載されたこの研究では、21~69歳の46名が一定のペースで歩きながらガムを噛んだ時の心拍数の変化が観察された。

 

参加者は二つのグループに分けられた。一つ目のグループは、通常のペースで15分間のウォーキングをしている間にサイズが異なる二つのガムを噛んだ。二つ目のグループも15分間歩いたけれど、ガムの代わりに、ガムと同じ成分を含むパウダーを飲み込むように指示された。

 

研究チームは両グループの安静時心拍数と平均心拍数だけでなく、歩行距離と歩行リズムも記録した。また、参加者の平均歩行速度と体重を比較して、消費されたエネルギーの量も計算。

 

驚くべきことに、ガムを噛んでいたグループの平均心拍数がウォーキング中に “著しく” 上昇。この原因は、心拍リズムと自然な運動リズムが同期するCardiac-Locomotor Synchronisation(CLS)と呼ばれる現象にあるそう。

 

研究チームは、「エクササイズしながらガムを噛むのは、体重管理に効果的かもしれない」 と結論付けている。

 

これが理由なら、ガム風船作ってもいいよね。

 

※この記事は、オーストラリア版ダウンロードから翻訳されました。

Text: Lucy Bode Translation: Ai Igamoto Photo:Getty Images