食の幅が広がる! 覚えておきたい「小麦粉の代わりとなるヘルシー食品」

05 November 2018

食の幅が広がる! 覚えておきたい「小麦粉の代わりとなるヘルシー食品」

使い勝手のいい普通の小麦粉の代わりに、古代穀物をはじめとする小麦粉の代替品を使う人が増えているという。公認管理栄養士のアビー・ランガーは、「小麦粉の代替品なら小麦粉アレルギーやグルテン不耐症の人でも使えるし、食生活にも幅が出る」と、そのメリットを語る。アメリカ版ダウンロードから、小麦粉の代わりとなるヘルシーでおいしい4つの食品をご紹介!

代替品を使えば小麦粉とは違う栄養素と風味を取り込むことができる、と公認管理栄養士のアビー・ランガーは言う。「例えばアーモンドパウダーには、普通の小麦粉よりもタンパク質が豊富でナッツの風味もある」 とランガー。

でも、普通の小麦粉と質感がまったく同じわけではないので、1:1で置き替えることはできない。ランガーは 「普通の小麦粉が使われているレシピを代替品で作る場合は、代替比率をチェックする」 よう勧めている。この情報は、代替品のパッケージの裏面に書かれていることが多い。

栄養価が高くアレルギー物質を含まない、4つの小麦粉の代替品に詳しくなろう。

 

●アーモンドパウダー

1カップの小麦粉の代わりに2カップの皮なしアーモンドパウダーを使えば、スイーツにナッツの甘い香りが漂う。カルシウムとマグネシウムが同時に摂取できるのも嬉しい点。鶏肉や魚の衣には、皮つきのアーモンドパウダーを。

 

●プランテンパウダー

クッキングバナナとも呼ばれているプランテンパウダーを使えば、パンケーキのようなスイーツも奥行きのあるテイストに。体内で完全に分解されない難消化性デンプン(レジスタントスターチ)の量が普通の小麦粉より多いため、満腹感も長続きする。密度が高くグレイン(穀物)フリーなので、ケーキを膨らませるには小さじ0.5杯のベーキングパウダーが必要かも。

 

●ひよこ豆粉

1カップで21グラムとタンパク質が豊富な上に、食物繊維の含有量も高くグルテンフリー。豆由来ならではの土の香りが塩気のある料理にピッタリ。ミートボールやベジバーガーにもおすすめ。

 

●スペルト小麦

この全粒穀物は小麦の一種なのでグルテンフリーではない。でも、フルクタンと呼ばれる消化されにくい糖質の量は少ないため、小麦粉アレルギーなどではないけれどグルテンを避けている人にはおすすめ。グルテンフリーの粉では柔らかくなりがちなピザ生地も、スペルト粉で作れば食べ応えが出る。

 

※この記事は当初、アメリカ版ダウンロード2018年10月号に掲載されました。
※この記事は、アメリカ版ダウンロードから翻訳されました。

Text: The Editors of Fardadownload Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images