老廃物を排出しやすくする! デトックス効果が期待できる8つの食材

30 October 2018

老廃物を排出しやすくする! デトックス効果が期待できる8つの食材

ダイエットのトレンドに敏感な人なら、食事をジュースに置き換えて、体内の毒素を排出する「ジュースクレンズ」をご存じのはず。でも栄養士の話によると、それよりも肝臓や腎臓、腸などデトックス機能が備わっている臓器を生かして、毒素や老廃物を排出できる体を作ることが理想的だとか。

アメリカ版ダウンロードは、デトックス効果を高めてくれる食材をマウント・サイナイ病院に勤める管理栄養士、ジャクリン・ロンドンに聞いてみた。


善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを多く含む「アスパラガス」

善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを多く含む「アスパラガス」

アスパラガスのように、有害な細菌の繁殖を防ぐプレバイオティクスが豊富な食材は、腸内で善玉菌、プロバイオティクスを作る役割をするそう。「善玉菌のエサとなるイヌリンやプレバイオティクスを含む食べ物は、腸を健康にしてくれるため、肝臓のデトックス機能に必要以上に負担をかけずに済みます」とジャクリン。「それにイヌリンは、栄養物が肝臓で代謝される前に免疫力を高めてくれるのです」


快便を促して、毒素を体外に追いやってくれる「アブラナ科の野菜」

芽キャベツ

芽キャベツ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどのアブラナ科の野菜は、どれも食物繊維が豊富。「これらを摂取するとお通じがよくなり、毒素と老廃物が定期的に排出されるようになるので、腸や腎臓、肝臓も元気になります」 とロンドン。発がん性物質が他の細胞を危険をさらすことを防ぐとされる、植物性化学物質のスルフォラファンも含まれているので、あらゆる臓器の健康をサポートする食材と言えそう。


肝臓のデトックスを手助けする、抗酸化作用が高い「オレンジ」

オレンジ

ビタミンCをはじめとする抗酸化物質が豊富な食材は、肝臓のデトックスに欠かせないグルタチオンの生成を促すため、肝機能の改善にはぴったりだそう。


二日酔いにも効くとされている? 「卵」

たまご

卵には、アルコールを代謝する過程で作られる「アセトアルデヒド」という物質を分解してくれる、アミノ酸の一種、システインが豊富に含まれているため、二日酔いの際に食べるといいそう。「システインは、アセトアルデヒドを水と二酸化炭素に変質させて、体から除去してくれます」 とジャクリン。


食べ物を分解してくれるビタミンB群を多く含む「サツマイモ」

さつまいも

サツマイモに多く含まれるビタミンB群は、食べ物の分解プロセスを手助けしてくれる栄養素。ビタミンB6、B12、そして葉酸は、消化機能や細胞機能、代謝機能の正常化に効き目を発揮してくれるそう。


正常な代謝機能のために必要な亜鉛が豊富。「レンズ豆」

レンズ豆

レンズ豆をはじめとする豆類は、免疫システムを強化する亜鉛の優秀な供給源。どの臓器も、正常な代謝機能を保つには亜鉛の摂取が効果的だとか。ジャクリンによると、亜鉛は消化や肝臓の代謝を促す働きもあるみたい。


腸内環境を整えてくれる「オーツ麦」

オートミール

水溶性食物繊維を豊富に含む、朝食の定番「オーツ麦 (オートミール) 」には、食べ物の吸収を遅らせる効果が期待できるそう。「オーツ麦は、腸を健康的に機能させ、善玉菌を増やし、肝臓で作られる胆汁(たんじゅう)の排出を促してくれます。腸に再吸収された胆汁の量を減らすことで、体は有害な毒素を排出でき、腸内を弱酸性にして有害な物質の繁殖を防ぐ『短鎖脂肪酸』が作りやすくなります」 とロンドン。短鎖脂肪酸は、善玉菌の成長を促して腸を元気にしてくれるので、消化とデトックスもさらに加速するはず。


善玉菌を増やしてくれる「ヨーグルト」

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスを摂取すると、腸内の善玉菌が増えて、体内の老廃物が排出しやすくなるそう。「例えばギリシャヨーグルトはタンパク質が豊富で糖質も含まれているので、血糖値を安定に保ってくれます」 とロンドン。「お酒を飲みすぎた後の肝機能が心配な人にはヨーグルトを毎日の食事に取り入れるのがおすすめです。日頃から血糖値を安定させておけば、二日酔いも軽くなりますよ」

 

※この記事は、アメリカ版ダウンロードから翻訳されました。

Text: Jenna Birch Translation: Ai Igamoto Photos: Getty Images