今からでも間に合う! この秋冬はフルマラソンに挑戦しよう!

24 July 2018

今からでも間に合う! この秋冬はフルマラソンに挑戦しよう!

憧れの有名大会からトレイルランまで、気になる大会のエントリースケジュールをご紹介!

秋冬に多く開催されるマラソン大会。参加希望の大会のスケジュールはもうおさえた? まだという人のために、今からでも間に合う人気のマラソン大会をピックアップ。エントリーして目標設定をしたら、後はトレーニングのみ!


一度は参加してみたい! 大都市マラソン大会

GettyImages-653294614

その規模の大きさゆえに応募が殺到し、参加したくても抽選で落ちてしまう人が続出するほど人気の大都市マラソン。日本屈指の都市を駆け抜けるのはランナーにとって憧れ。

 

東京マラソン

世界中からエントリーが殺到する最も人気の大都市マラソンが東京マラソン。銀座、浅草、東京タワーと東京の名所を走りながらたどることができるのはなんとも貴重な体験。

開催日/2019年3月3日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年8月31日(金)17:00まで
HP/https://www.marathon.tokyo/

 

京都マラソン

歴史的な街を思い切り走れることで外国人のエントリーも多い京都マラソン。景色の魅力は言うまでもなく、200組限定のペア駅伝や車いす駅伝もある。

開催日/2019年2月17日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年8月31日(金)17:00まで
HP/https://www.kyoto-marathon.com/


地方の魅力たっぷりの人気マラソン大会

GettyImages-822333516_R

都市以外にもその土地の魅力的な景色が楽しめるマラソン大会がたくさん。せっかくなら2泊3日くらいのスケジュールを取ってプチ旅行を楽しんでみてはいかが?

 

エコアイランド宮古島マラソン

宮古島の海の美しさを眺めながら走ることができるエコアイランド宮古島マラソン。特に宮古島から伊良部島、来間島の間にわたる大きな橋を渡るときの絶景に魅せられる人多数。

開催日/2018年11月4日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年9月7日(金)
HP/http://www.miyakojima-marathon.jp/

 

伊豆大島マラソン

伊豆大島を走って一周できるマラソン大会。海沿いの景色や椿の花など美しい景色で人気。三原新山付近のアップダウンが激しいが、それも含めてワイルドな島の地形を楽しめる大会。

開催日/2018年12月8日(土)
一般エントリー締め切り日/2018年11月19日(月)
HP/http://www.park-run.com/index.php/d8-oshi.html

 

世界遺産姫路城マラソン

世界遺産の姫路城を拠点にコースが展開する姫路城マラソン。フルマラソン以外に5km、2km、1.5kmなどの種目もある。おでんやお蕎麦、まんじゅうといったユニークなエイドも魅力。

開催日/2019年2月24日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年8月21日(火)17:00まで
HP/http://www.himeji-marathon.jp/

 

愛媛マラソン

松山城付近からスタートする愛媛マラソンは充実したエイドで年々参加者も増えつつあるマラソン大会。なんとエイドにはポンジュースも登場。ランの後は道後温泉で疲れを癒して。

開催日/2019年2月10日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年8月31日(金)
HP/https://ehimemarathon.jp/


さらなる絶景を楽しむならトレイルランにチャレンジ!

GettyImages-103923558_R

都市マラソンとは違い、大自然の景色を堪能できるトレイルラン。コンクリートとは違い、足場の悪い道を走るのはちょっとした冒険気分を味わて楽しいとハマる人が多いのだとか。

 

高尾山森林マラソン

高尾山の林道の中を駆け抜けるトレイルラン。コースが整備されており、トレイルラン初心者にもおすすめ。開催期は一部紅葉も始まり、バラエティに富んだ景色を楽しめる。

開催日/2018年10月28日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年9月4日(火)
HP/http://takaosan.nobody.jp/

 

陣馬山トレイルレース

都心からもアクセスしやすい場所とあって、トレラン初心者から上級者まで幅広い層が参加するトレイルラン。林道内には自然のサルやタヌキも出没するなど自然たっぷりのレース。

開催日/2018年11月4日(日)
一般エントリー締め切り日/2018年9月23日(日)
HP/http://www.k-y-trail.com/jinbayama/

 

日頃の練習の成果を試すもよし、先にエントリーして自分を奮い立たせるのもよし。無理せず自分のペースでマラソンを楽しもう!

Photo:Getty Images