【Beauty Talk】迷ったらこれを買うべし。エディターが試してよかったコスメLIST

ウィメンズヘルスのビューティエディターKaoruと、編集長Kirikoが実際に試してよかったコスメをご紹介する連....

image

ウィメンズヘルスのビューティエディターKaoruと、編集長Kirikoが実際に試してよかったコスメをご紹介する連載がスタート。今回は、新作を中心に、2人の最近のハマりものを厳選。超美容マニアでメイクものに目がないKaoruと、ナチュラルメイク派でスキンケア重視のKiriko、それぞれの感想をコスメ選びの参考にして!

Photo :KEITA

image
一度なくして買い直したほどのお気に入り!

「 眉に遊びを持たせたい! という日は、いつものアイブロウペンシルで輪郭を整えてから、“セルヴォーク”のインディケイト アイブロウパウダー(¥3,500)をのせています。エンスロール グロス(¥2,800)は絶妙な艶感と濃密なカラーが魅力。一度失くしてしまいましたが、買い直したほどのお気に入り。友人へプレゼントまでしました(笑)」(Kaoru)

1 of 6
image
10年ぶり(!)の美白有効成分に今年のホワイトニングは任せた!

「先日発売したばかりのポーラのホワイトショットのローション(¥11,000)&ミルク(¥11,000)は、決して安くないけれど発表会で説明を聞いて、その理論に深く納得。その日から毎日浮気せずに使い続けているアイテムです。日本では10年ぶりに承認されたという新しい美白有効成分のアプローチは、メラニンに守ってもらわなくてもいいくらい、表皮細胞のエネルギーを高めるというもの。要するに肌自体がパワーアップして、メラニンを作らなくてもいい状態にするというのです。ローションはしっとりするし、ジェル状のミルクもしっかり潤うので、洗顔後はこの2アイテムだけでもいいくらい。使い始めて1ヶ月くらい。洗顔後の肌の印象が明るくて、美白スキンケアで久々のヒットです」(Kiriko)

2 of 6
image
大ヒットにも納得の優秀プチプラティントリップ

「日常使いに最適なのが、“オペラ”のティントオイルルージュ(¥1,500)。ティントリップながら軽いつけ心地で、とにかく唇が乾燥しない! どのカラーも透け感があり、ほんのりとした色付きなので、使いやすいです。お手頃価格なので、何本か持っておきたいリップです」(Kaoru)

3 of 6
image
クセになる香りと、プルプル触感に癒されまくりのゴマージュ

「オーガニックでありながら、『結果を大切にする』ことをテーマに生まれたプレミアム エイジングケア ブランド「イトリン」。このブランドのスキンケアはとにかく香りが特徴的。デスクに置いてずーっと香りを嗅いでいたいほど、クセになるリラックス感のある香りです。今年の3月に登場したこちらのフェイシャルゴマージュ(¥12,000)は、プルプルのジュレの中に5種類の天然植物由来のスクラブが閉じ込められたもの。バスタイムでこの香りに包まれながら顔を優しくマッサージするひとときは、さながら高級スパでの施術を受けている心地。“今日は自分を甘やかそう”という日のご褒美コスメとして大切に使っています」(Kiriko)

4 of 6
image
撮影中に教えてもらって即お買い上げ! の絶品シャドウ

「まぶたに塗って指でなじませると、一瞬で目元が煌めく“フジコ”のシェイクシャドウ(¥1,280)。撮影中にヘアメイクの長井かおりさんに教えていただき、即買いに行きました。1本使いでも艶のあるアイメイクに仕上がりますが、アイシャドウ下地のように使うと、上にのせたアイシャドウがよりキレイに発色します!」(Kaoru)

5 of 6
image
「お粉嫌い」を変えてくれた、透明パウダー

「リキッドファンデを塗ったら、必ずお粉でおさえる。これは美容の世界では当たり前のルールですが、私はずーっとお粉が苦手で、粉を使わず速攻ファンデが崩れ落ちている状態でした。粉が嫌いな理由は、厚塗り感がでるのと、マットになりすぎること。でも、このコスメデコルテの進化したパウダーの00トランスルーセント(¥5,000)に出合って、その苦手意識が変わりました。なんといっても、透明なのです。そしてパウダーなのにツヤ感を与えてくれて、肌はしっかり潤い感をキープ。ファンデの仕上がりの印象を変えることなく、きれいな状態を維持してくれるので、今では毎日このパウダーなしではいられなくなりました」(Kiriko)

6 of 6
ADの後に記事が続きます
More From スキンケア