ダイエットのためにも知っておきたい、タンパク質の基本をおさらい!

昨今の低糖質ブームやフィットネス意識の高まりで、注目度急上昇中の栄養素といえばタンパク質。でも、実は基礎的なこと....

image

昨今の低糖質ブームやフィットネス意識の高まりで、注目度急上昇中の栄養素といえばタンパク質。でも、実は基礎的なことを知らないいとも多いのでは? タンパク質の摂りすぎのリスクや、ダイエットに役立つタンパク質補給方法、朝からしっかりタンパク質を摂るためのアイディアなど、知りたいことをぎゅっとまとめてお届け。

image
高タンパク質の食事で得をするのはこんな人

食習慣上のタンパク質摂取量を増やそうと誰もが必死。ヨーグルトにもオートミールにもスムージーにもプロテインパウダーを入れ、スナックバーやパスタを買うにもタンパク質含有量が少しでも高いものを選ぶ。でも、そもそもそんな必要はあるの?

記事を読む

1 of 10
image
タンパク質を摂り過ぎると起こる5つのこと

タンパク質は、頑張って鍛えた筋肉を元気に保ち、食後一時間でお腹が鳴るのを防ぎ、代謝を活発にしてくれる。でも、良い物は何だってそうであるように、タンパク質も多ければ多いほどいいとは限らない。その内容をアメリカ版「ウィメンズヘルス」からご紹介。

記事を読む

2 of 10
image
やっていない? タンパク質に関する5つのまちがい

タンパク質を正しく摂るのが大切なのに、女性の多くはタンパク質の摂り方を間違えているみたい。女性のやりがちなタンパク質に関する間違いをご紹介。当てはまるものがないかチェックしてみて。

記事を読む

3 of 10
image
その症状、ひょっとしてタンパク質が足りない証拠かも!?

髪の毛が抜けて、頭がぼーっとするのはタンパク質が足りないせいかも。「しっかり食べなさい」というカラダのサインを見逃さないで!

記事を読む

4 of 10
image
体重減におすすめのタンパク質16種

脂肪の少ないタンパク質、といえばおそらく最初に思い浮かぶのが鶏肉では? でも、脂肪を減らすのに欠かせない栄養素は、鶏肉だけでなく色々な形で摂ることができる。

記事を読む

5 of 10
image
減量の味方! 5つの植物性タンパク質

タンパク質は、代謝の高い引き締まった筋肉を作り、食べ過ぎの原因になる空腹痛を止めてくれる。鶏も魚も牛肉も美味ではあるけれど、植物性のタンパク源は食物繊維と炎症を抑える抗酸化物質も含まれていてとってもお得。

記事を読む

6 of 10
image
ダイエット中にタンパク質を簡単に摂るための5つの方法

タンパク質を摂りたいけど、毎食食べるとなると意外と大変。簡単に必要なタンパク質を摂取できる方法をご紹介。

記事を読む

7 of 10
image
朝食のタンパク質を増やす方法12選

昼食までお腹を空かせず、集中力を保つには最低15gのタンパク質で一日を始めるべきだそう。レシピにちょっと加えたり、他の材料の代わりにしたりして、簡単にタンパク質が摂れる方法をご紹介。

記事を読む

8 of 10
image
卵以外で摂取できる高タンパク質な朝食14

朝ご飯は肉類を含まないので、午前中にタンパク質を摂ることはむずかしい。でも、高タンパク質の朝食にぴったりな食材もある。ここでは、卵なしで高タンパク質なメニュー14を紹介。

記事を読む

9 of 10
image
卵よりおすすめ! タンパク質の多いベジタリアン食材

タンパク質といえば、卵。茹で卵1つにタンパク質は6gも含まれている。でも、他にも筋肉を増やすのを助けてくれるタンパク質はある。卵とササミに飽きたらこの5つの食材をメニューに取り入れて。実はどれも卵よりもタンパク質を多く含む嬉しい食材!

記事を読む

10 of 10
ADの後に記事が続きます